fff 美容ヘアケアヘアカラートリートメント

白髪染めトリートメントを徹底比較!白髪染めを効果とコスパで選ぶならコレ!

年齢を重ねると目立つ白髪は、一般的な「ヘアカラー」の白髪染めでケアをする人も多いのではないでしょうか。

しかし、白髪染めよりも髪や頭皮に優しいとして、白髪トリートメントが注目を集めています。 

キャラ名
私も先日ついに白髪を発見してしまいました……(泣)ということで、今回はわたくしオカサラダが厳選した、効果&評判が高いおすすめの白髪トリートメントを徹底比較していきます!

白髪染めと白髪トリートメントは違う?

まず、白髪染めと白髪トリートメントの大きな違いについて紹介します。

白髪染めは、薬剤を2つ混ぜたものを髪全体に塗る方法で使用する商品です。シャンプーやリンスをしても色落ちしにくいことが特徴であり、髪全体にカラーを入れるためムラのない綺麗な仕上がりになります。

ドラッグストアでも購入可能であり、安値のものであれば500円ほどで販売されているため、手軽に試せる点も魅力の1つです。

しかし、白髪染めの場合は、髪の潤いやツヤを左右するキューティクルを剥がし、染料を髪の奥まで浸透させます。そのため、白髪以外の髪や、薬剤が付着する頭皮にもダメージを与えることは避けられません。キューティクルを剥がしているため、髪の滑らかさが失われます。

敏感肌の人は、頭皮に付着した際に肌トラブルを起こす可能性も高く、パッチテストが必須です。髪と頭皮に負担が大きいことから、白髪染めの間隔は2か月に1度程度にとどめることが推奨されています。

対して、白髪トリートメントの場合、使用する染料の種類も白髪染めとは異なるのです。また、髪の内側に浸透させる効果よりも、髪をコーティングする効果を重視しているため、大きなダメージを与えません。トリートメント成分が含まれているため、髪のツヤやダメージ補修効果も期待できます。

髪や頭皮にダメージを与えたくない、敏感肌で薬剤の影響が心配であるという人は、白髪トリートメントが有効です。

ただし、髪質や髪の太さによっては、1度では染まりにくい場合もあります。1度で効果が実感できる白髪染めに慣れていると、手間と時間がかかると感じるケースもあるでしょう。

どちらが最適かは人によって異なりますが、頭皮のトラブルを予防し、髪へのダメージも軽減されることから、白髪トリートメントの方が優しい処方であるといえます。 

キャラ名
特に、髪にダメージを与えると、髪が細くなったりボリュームが無くなったりと、薄毛や抜け毛の原因にもなるから、美しい髪を維持するためにも、白髪トリートメントでの白髪ケアを始めてみてはいかがでしょうか!

白髪トリートメント選びのポイント3選

キャラ名
白髪トリートメントを使用したことがない人は、どのポイントを重視して購入すべきか分からない人も多いと思います。
そこで、必ず押さえておきたい3つのポイントを紹介します!

髪と頭皮への優しさ

白髪トリートメントは、トリートメントの成分によって髪の指通りも滑らかにしてくれる効果が期待できます。また、白髪染とは異なり、白髪トリートメントは頭皮にも優しいことが特徴です。

血行促進や保湿効果が期待できる成分を含む商品も多く、育毛効果を期待できる白髪トリートメントもあります。ヒアルロン酸やケラチンといった、髪と頭皮のエイジングケア効果が期待できる成分を含んでいるかどうか確認しましょう。 

色持ちの良さ

白髪トリートメントは、一般的に1週間~2週間に1回程度使用します。

間隔は商品によって異なりますが、「使用頻度=色持ちの目安」であると考えて良いでしょう。 

コストパフォーマンス

白髪トリートメントは、ドラッグストアやバラエティショップでも販売されている商品もあります。しかし、公式サイトの定期購入で購入する方法が最もお得であるケースが多いです。

白髪染めと通常のトリートメントを併用することを考えると、コストパフォーマンスは良いといえるでしょう。髪と頭皮へのダメージも含め、白髪トリートメントでケアをすることがおすすめです。

効果があったと話題の白髪トリートメントTOP6

キャラ名
「効果がある」と話題の白髪トリートメントをピックアップしました。
まずは、それぞれの商品の特徴と成分から見ていきましょう!

マイナチュレ

マイナチュレ
https://haircare-my-nature.jp/

マイナチュレの白髪トリートメントは、白髪ケア・スカルプケア・ヘアケア・エイジングケアの4つの役割を果たすことが最大の特徴です。

染めた髪を美しく見せる白髪ケアには、オレンジラフィー油 ・フユボダイジュ花などを配合しています。 スカルプケア成分にはローズマリー葉・セイヨウキズタ葉など、ヘアケア成分にはアルガンオイル・ホホバオイルなどの成分が含まれているのです。

他にも、エイジングケア成分としてはオドリコソウ花・セイヨウオトギリソウが配合されています。頭皮と髪に優しい成分も高配合している白髪トリートメントです。 

公式サイトへヒカログ徹底解説

クロエベール

クロエベール
https://www.mycare.co.jp/landing_page/chloeveil

クロエベールは、無添加にこだわった白髪トリートメントです。

染料は「クチナシ」や「紫根」などの天然成分で作られており、肌や頭皮への安全性が高いことも魅力でしょう。刺激を感じにくく、白髪染め特有の臭いも気になりません

また、九州地方のみに存在する「スイゼンジノリ」と呼ばれる藻から取った「サクラン」を配合していることも特徴です。サクランは、ヒアルロン酸のおよそ10倍ともいわれる保水力が特徴の成分となります。髪や頭皮の保水効果が期待でき、肌のバリア機能を保つ効果も期待できる成分です。

他にも、クロエベールには30種類の美髪・美肌成分が配合されており、白髪染めだけではないエイジングケア効果が期待できます。

成分以外にも特徴があり、ベンチャー企業独自開発の浸透技術「ヘアキューブ」を採用しているのです。最新技術であり、髪のキューティクルにダメージを与えることなく、染料成分を髪に浸透させます。そのため、白髪を染めても髪にダメージを与えないのです。

クロエベールの詳細 

グローリン・ワンクロス

グローリンワンクロス
http://www.socia-group.com/item/onecross/

グローリン・ワンクロスには、髪のハリやコシ、潤いを与える成分が配合されています。また、花の成分を配合していることが特徴です。

牡丹、芍薬、百合などの成分が含まれており、他の白髪トリートメントと比較をしても白髪染め特有の臭いが軽減されています。

グローリン・ワンクロスの詳細 

【POLA】カラートリートメント

POLA
https://net.pola.co.jp/beauty/products/html/item/002/025/item152459.html

 POLAの白髪トリートメント「グローイングショットカラートリートメント」には、POLAオリジナルの美容成分である「パウダルコ樹皮エキス」「黒米エキス」が配合されています。

パウダルコ樹皮エキスは、頭皮にアプローチし頭皮の潤い効果が期待できる成分です。黒米エキスは、ミネラルとタンパク質を含む成分であり、髪の健康に効果が期待できます。

白髪を染めるだけではなく、髪と頭皮の健康ケアにも嬉しい成分が配合されているのです。

公式サイトへヒカログ徹底解説

髪萌 HATSUMOE

HATSUMOE
https://hatsu-moe.com/w_color_ab/

髪萌は、3つの分子カラーが、傷んでいる髪特有のマイナスイオンと結合し、発色します。キューティクルを剥がさずに浸透する効果が期待できるのです。

髪萌カラーアップと髪萌ヘアカラートリートメントの、2種類を使用して白髪ケアを行います。セット購入はもちろん、一方だけを購入する方法もあり、使用頻度に合わせて購入できる点が魅力です。

髪萌カラーアップは、染料に天然成分のクチナシを配合し、白髪をしっかりと染めながらも、頭皮に負担をかけない成分が特徴です。髪萌ヘアカラートリートメントは、髪のツヤや色落ちを予防する効果が期待できます。

髪萌カラーアップと髪萌ヘアカラートリートメントには、髪への浸透力が強い沢山の有効成分が配合されています。ツヤや潤いを与えるツバキオイル、クパスバターとアロエエキスは非常に高い保湿効果が期待できる成分です。元のダメージを補修するガゴメエキスやシャクヤクエキスも配合され、指通りの良い髪に仕上げてくれるでしょう。

頭皮へアプローチする成分は、細胞の老化を促進する活性酸素を除去するオリーブオイル、頭皮の血行を促進して保湿するニンジンエキスや芍薬エキスの効果が期待できます。

髪萌 HATSUMOEの詳細

LPLP(ルプルプ)

LPLP
http://www.626214.com/ad/lp01/066/default.html

ルプルプには、主に3つの成分が配合されています。1つ目は、塩基性染料です。傷んだ髪のマイナスイオンと結合し、髪の表面に染料が付く仕様であり、髪に大きなダメージを与えません。

2つ目は、髪のキューティクルを剥がさず、すき間から浸透するHC染料、3つ目が天然植物染料です。化学反応を用いた白髪染めとは異なり、刺激が少なく、髪と頭皮に優しい処方となります。

ルプルプには、トリートメント成分として昆布エキスの「フコイダン」を配合しており、フコダインは保湿力が非常に高いことも特徴です。

また、他の白髪トリートメントは2色のカラーバリエーションが一般的であるのに対し、ルプルプは4種類のカラーを用意しています。種類はブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ソフトブラックです。仕上がりの明るさや赤みが異なり、好みや髪質に合ったカラーを選べます。 

公式サイトへヒカログ徹底解説  

染めやすさが重要!効果が表れるまでの回数を比較

キャラ名
成分以外に気になるポイントは、効果を実感できるまでにかかる時間ですよね。
何回使用すると白髪染めの効果が表れるのか、平均的な数値を見ていきます!

ただし、髪が細く柔らかい人と髪が太く硬い人では効果を実感するまでの期間にも差が乗じるため、あくまでも目安となります。 

◆マイナチュレ

マイナチュレで白髪トリートメントの効果を実感するためには、週に1~2回の使用が推奨されています。

また、マイナチュレの白髪トリートメントを使用する際には放置時間が重要です。シャンプー後の髪に塗り、10分ほど放置して洗い流します。10分以上放置をしたからといって効果を実感しやすくなるわけではありません。

◆クロエベール

シャンプーをする前の髪にクロエベールを馴染ませて、15分程度放置します。クロエベールを初めて使用する場合には、3日間連続で行い、その後は週に1回程使用しましょう。

◆グローリン・ワンクロス

グローリン・ワンクロスは、シャンプー後の濡れた髪に使用します。

10分ほど放置し、しっかりと洗い流しましょう。その後は週に1回の使用で、色落ちや伸びてきた白髪もカバーできます。

◆【POLA】カラートリートメント

POLAのカラートリートメントは、シャンプー後に使用して5分程放置します。何度か使用をしており、染まりにくいと感じている場合には、15分程度まで放置時間を延ばすことが有効です。長時間放置すると、頭皮トラブルの原因となるため注意が必要です。

初めて使用する際には、3日間程連続で行い、その後は2週間に1回程度の使用となります。

◆髪萌 HATSUMOE

髪萌は、毎日使用しても良いとされています。通常は、初めの利用時に3日間集中して使用し、その後は週に1~2回使用すると良いでしょう。

◆LPLP(ルプルプ)

ルプルプは、シャンプー後に髪全体に塗り、20~30分放置します。シャワーキャップが付属しているため、放置時にはシャワーキャップをかぶせると浸透しやすくなるでしょう。

初めて使用する際には3日間連続で使用し、その後は週1~2回程使用します。 

気になる価格を比較しよう

キャラ名
白髪トリートメントを使用するにあたって、成分や使用回数も重要ですが、商品の価格も重視したいポイントですよね。それぞれの商品のお得に購入する方法を紹介します!

◆マイナチュレ

定期コース価格【初回】 3,000円(税込)
2回目以降】 3,380円(税込)
定期コースは送料無料
通常価格4,730円(税込)+送料750円

オークションやフリマアプリなどに出品されているケースがあります。しかし、正規品である保証もなく、髪や頭皮に使用するものとしては不安が残りますね。そのため、公式サイトで購入することをおすすめします。

また、マイナチュレの白髪トリートメントは、マイナチュレ公式サイトから購入する方法が最もお得です。

マイナチュレの詳細

 

◆クロエベール

定期コース初回2,880円(税込)
送料無料
通常価格3,200円(税込)+送料

クロエベールも、ドラッグストアや大手通販サイトで販売されていないため、公式サイトから購入します。

とくとく便は、送料無料やポイント制度によるプレゼントといった、お得なサービスを受けられることも魅力です。

クロエベールの詳細

 

◆グローリン・ワンクロス

定期コース初回 3,780円(税込)【35%オフ】
+送料700円
通常価格5,800円(税込)
+送料700円

 グローリン・ワンクロスの詳細

 

◆【POLA】カラートリートメント

定期コースなし
通常価格3,132円(税込)

POLAのカラートリートメントは、定期コースなどはありません。お得な定期購入がある商品の場合、「単品購入で試したいけれど損はしたくない」と考え、購入を躊躇してしまう人も多いでしょう。

POLAのカラートリートメントは、面倒なことは考えず、まずは1本だけ試したいと考えている人におすすめです。

【POLA】カラートリートメントの詳細

 

◆髪萌 HATSUMOE

初回限定価格2本セット 3,974円(税込)
定期コース価格2本セット 4,147円(税込)
通常価格2本セット 5,184円(税込)

髪萌には、3種類の購入パターンがあります。

1つ目が、「初回限定価格」での購入です。1本2,199円(税込)、2本セットが3,974円(税込)、3本セットが5,940円(税込)、1本と2本セットのみ送料600円が加算されます。

2つ目が、2回目以降の購入で欲しい時に購入する「都度購入」です。1本2,592円(税込)、2本セットが5,184円(税込)、3本セットが7,776円(税込)、それぞれ送料600円が加算されます。

3つ目が、最もお得な「定期購入」です。1本2,073円(税込)、2本セットが4,147円(税込)、3本セットが6,220円(税込)、1本と2本セットのみ送料600円が加算されます。

髪萌 HATSUMOEの詳細

 

◆LPLP(ルプルプ)

定期コース初回1,980円(税込)【35%オフ】
+送料500円
通常価格3,240円(税込)

ルプルプは、Amazontと楽天市場でも販売されています。送料は取り扱う店舗によって異なりますが、本体は税込3,240円です。さらに、バラエティショップでも販売されているケースもあります。即日手に入れたいという場合には有効ですが、取扱っているカラーが限られているケースが多いため、注意が必要です。

公式サイトでは、初回限定で1,980円+送料500円というお得な価格で購入できます。また、5,000円以上の購入で送料は無料になるため、2本以上のセットで購入する方法もおすすめです。 

LPLP(ルプルプ)の詳細

人気白髪トリートメントの口コミは?

キャラ名
白髪トリートメントを、実際に使用した人の口コミを紹介します!

マイナチュレ 

良い口コミ

「薄毛・抜け毛対策に良いかと思い、使ってみました。頭皮の状態が良くなったためか、髪にボリュームが生まれました。髪1本1本が太くなったように感じます。また、べたつかない点にも満足です。」

「適度に染まるため、気に入っています。一般的な白髪染めは、全体が染まりすぎることが気になっていましたが、マイナチュレは自然な印象になります。髪の傷みも感じず、使い続けたいと思います。」

「白髪染めの嫌な臭いもなく、綺麗に染まるため気に入っています。週に1回使用するだけで非常に手軽なこともお気に入りのポイントです。」

 

悪い口コミ

「頭皮にやさしくて使いやすかったのですが、キレイに白髪が染まらなかったです。もう少し色持ちが良いと嬉しいです。」

マイナチュレの口コミには、染まり具合に満足できないといった内容がありました。使用回数が不明ですが、髪質によっては1回の使用でサロンのようにきれいに染めることは難しいといえます。数回の使用で諦めず、週に2回程度、1カ月間は続けてみましょう。

白髪ケアに対する口コミだけではなく、スカルプケアやエイジングケアに関する口コミも目立ちました。マイナチュレといえば、育毛剤やサプリメントでも有名です。そのため、スカルプケアができる点を重視して購入する人が多いのだと考えられます。 

クロエベール

良い口コミ

「自分で、簡単に白髪を染められるので楽です。週に1回の白髪染めで、きれいな髪になるため嬉しいです。白髪がきれいに染まった上に、髪にツヤやハリも出てきました。」

「泡タイプで液だれがないことが良いです。また、白髪染めに特有の臭いもなく、刺激ないため敏感肌でも使えました。」

「トリートメント効果があるため、美容院へトリートメントに行かなくてよくなりました。経済的だと思います。」

悪い口コミ

「手袋をしないで素手で使用したら、爪に塗料が染み込んでしまい、しばらく落ちませんでした。」

「頭皮に少し痒くなりました。最初に3日間連続で使用しなければならないことが面倒です。」

クロエベールの口コミは、サロンのような仕上がりになるという内容が目立ちました。トリートメント効果によって、白髪ケアだけではなくツヤやハリも生まれ、若々しい印象を与えることにもつながっているようです。

クロエベールは無添加処方ですが、 頭皮に炎症を起こしている場合には、頭皮に痒みや違和感を覚えることもあるでしょう。 

グローリン・ワンクロス

良い口コミ

「生え際の白髪が目立ってきました。手軽さや染まるまでの時間は早くて、きれいに染まるため気に入りました。ずっと使い続けており、白髪ケアには欠かせない存在になっています。」

「ずっと使用しています。かなり白髪が増えてしまったため、生えてしまった白髪が目立たないようにブラウンを使用しています。」

悪い口コミ

「全体をきれいに染めれらません。自分で染める場合にはコツがいるようです。慣れれば難しくないのかもしれません。まずは1本使用して、様子を見て使い続けるかを決めたいです。」

「きれいに染まりますが、ブラックを使用したところ、不自然な真っ黒になりました。放置時間を調整しても真っ黒になるため、もう使用しません。」

自分で髪全体を染めるためには、慣れる必要があるでしょう。特に、明るいカラーを選ぶと、ムラが目立ってしまうのかもしれません。しかし、市販の白髪染め独特の臭いがなく、適度に染まるという口コミもあります。

また、グローリー・ワンクロスは、リピーターが多いことも特徴です。1回試してみる価値はあるのではないでしょうか。 

【POLA】カラートリートメント

良い口コミ

「すぐに髪が伸びてしまうため、美容院の合間に使用するために購入しました。白髪トリートメントは色々試していますが、少しずつ染まる商品や染まらない商品が多いです。カラートリートメントは、1回できれいに染まりました。他の商品とは異なり、色持ちがよく、美容院の回数も減りました。」

「白髪を染める際には、やはりテンションが下がります。でも、POLAのカラートリートメントのパッケージは白髪染めっぽくなくて、高級感があることが良いです。」

「これまで、いくつかの白髪トリートメントを使用しましたが、お風呂は小さい子供と一緒に入るため、20分~30分放置することが難しく、続きませんでした。簡単に染められるため使い勝手も良く、満足です。」

悪い口コミ

「生え際に白髪が目立つようになってきました。まだ美容室で染めなければならないほど目立つわけではありませんが、白髪ケアに興味がありました。でも、全く染まりませんでした。1回目は5分、2回目は10分以上、3回目は30分も放置したのですが、染まらなかったです。」

他の白髪トリートメントを使用していた人が、POLAのカラートリートメントにたどり着いたケースが多いようです。使用方法が正しいのにも関わらず染まらない場合、髪質が影響しているのかもしれません。

しかし、美容院の回数が減るなど、コストパフォーマンスの面ではメリットが大きいといえるでしょう。 

髪萌 HATSUMOE

良い口コミ

「ダークブラウンを購入しました。赤みが強くなく、ナチュラルブラウンともいえる自然な発色で、想像以上に明るく染まって良かったです。」

「ほんのり甘い香りがある白髪トリートメントで、刺激のある臭いがありませんでした。敏感肌でも、肌の刺激やかゆみなどを感じずに白髪を染められます。」

「髪を健康にする成分が豊富なためなのか、髪萌を使ってからはコシが出たと思います。また、白髪染めにしては自然な香りなことも、気に入っているポイントです。簡単に白髪ケアができ、頭皮にも刺激がないため、今後も使用し続けます。」

悪い口コミ

「市販の白髪染めと比較すると高いです。」

「手に付くと、何回も洗わなければ落ちません。絶対に手袋が必要です。何度も染めていると色が濃くなっていくため、即効性がないです。」

白髪トリートメントは、1回で染まる白髪染めではないため、部分染めや直ぐ白髪をケアしたい人には不向きです。

しかし、白髪ケア商品であるにも関わらず甘い香りがする点が、高評価を得ています。 

LPLP(ルプルプ)

良い口コミ

「最初は白髪がきれいに染まらず不安になりました。でも、2回目、3回目と何度も染めていると、確実に白髪が染まって行きました。トリートメント効果も高いことが非常に魅力的です。」

「いままでは白髪染めをしていて、頭皮が痛くなることもありました。でも、ルプルプは痛みを感じません。また、臭いも気にならず使いやすいです。」

「白髪染めでは、生え際の細かい部分まで染められませんでした。でも、ルプルプを使用したところ、生え際もきれいに染めることができました。しかも、使えば使うほど髪質も良くなり、周囲からもきれいになった、若々しくなったと褒められます。」

悪い口コミ

「想像していた通りには染まりませんでした。髪が太いからかもしれません。次は、放置時間を延ばそうと思います。」

「白髪が染まるまでに数日かかることが面倒です。最低でも3日ほどはかかるため、1日で白髪をなくしたい人には不向きです。」

ルプルプは、トリートメント成分を高配合しているため、使用した後の髪質が良くなる点が高評価を得ています。

白髪が染まるまでに時間がかかるという点に対して口コミが寄せられていますが、白髪トリートメントの性質上、1日で染めることはできません。即効性を重視する場合は、市販の白髪染めが適しているでしょう。 

まとめ

白髪トリートメントは、白髪を染めるだけではない効果が期待できます。美しい髪を維持したり、傷んだ髪のケアも同時に行える商品が多いです。

トリートメント効果はもちろん、頭皮のケアやエイジングケアによって、育毛効果まで期待できる製品もあります。

染める回数については、多くの白髪トリートメントが週に1~2回としており、差がありません。含まえている成分やカラーバリエーションなどを比較し、自分に合う白髪トリートメントを選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ヒカログ最新の話題をお届けします。

FOD トップ

この記事を書いた人

オカサラダ
記事一覧を見る
オカサラダ